先輩からのメッセージ

入職3年目。
つらいことより楽しいことが多く
毎日が充実しています。

看護師 吉岡 麻瑚

群馬県出身。桐生市の看護学校を卒業後、新卒で2017年に黒沢病院に入職。現在、内科・外科、口腔外科、地域包括ケア病床が集まる混合病棟に勤務している。

テキパキと働く看護師への憧れが、今日の自分に繋がっている

私は、幼い頃は生傷が絶えない活発な子どもでした。怪我が多く、通院することが多かったのですが、テキパキと処置してくれる看護師の姿に憧れて看護師になりたいと思いました。その思いを持ち続けて桐生市にある看護学院を卒業後、黒沢病院に入職しました。 
黒沢病院に入職を決めた理由は、最終選考として実施された職場体験で、病棟の雰囲気が明るく、職場の人間関係が良さそうだと感じたからです。思わず「ここで働きたい」と思いました。入職してみると、ボウリング大会、かるた大会など職場内のイベントが催されるなど、他の部署と自然に仲良くなれる機会も多く、思った以上に素晴らしい病院だと実感しています。

 

自ら配属を希望した部署で、必要な知識を広げていきたい

現在私は、内科・外科、口腔外科、地域包括ケア病棟が集まる混合病棟に勤務しています。地域包括ケア病棟は、急性期を終了し、すぐに在宅や施設に移行することに不安を感じる患者様に対し、在宅復帰等に向けた医療・看護・リハビリテーションなどを行っています。フロアは5階と6階に分かれていて、日によってどちらかを担当しています。 
勤務は3交代制で、地域包括ケア病棟勤務の場合は、出勤して申し送りを行い、バイタルチェック、点滴交換、昼食介助、オムツ交換などを行います。看護助手もいますが、患者様の生活を重視して看護師もケアに取り組んでいます。外科・内科病棟は高齢の患者様が多く、内科では誤嚥性肺炎、外科では鼠径ヘルニアの疾患を抱えた患者様の割合が多いです。自分で配属を希望した部署なので、今後は幅広く症例を見るなど必要な知識を広げ、いずれは認定看護師を取得したいと思っています。

 

「有難う」の一言がモチベーションを上げる特効薬

仕事をするうえで、「どんなに業務が忙しくても患者様の言葉に耳を傾け、希望されるようにしたい」といつも心がけています。「質の高い医療とホスピタリティー」は黒沢病院の共通した精神であり、いつも朝礼で理事長から贈られる言葉です。一人一人がそれを自覚・実践することで、患者様に喜んでいただけるサービスに繋がっていますし、それが私たちの喜びでもあります。ケアをする中で患者様から「有難う」とお礼を言ってもらうことが、一番モチベーションが上がります。



 

後輩思いの先輩が優しくサポートしてくれます

入職して3年間があっという間に過ぎていきました。つらいことより楽しいことが多かったのは、仕事やプライベートでも先輩たちが、優しく声をかけてくれたおかげだと感謝しています。総合病院なので、自分が進みたい分野は必ず見つかりますし、先輩看護師が分かりやすくアドバイスしてくれるので、新卒でも不安なく働くことができます。色々な部署の人と交流を図りたい人にも最適な環境です。ぜひ応募してください。

交通アクセス

〒370-1203
群馬県 高崎市 矢中町187

【公共交通機関でお越しの方】
病院からの無料送迎バスや、高崎市循環バス「ぐるりんバス」、玉村町乗合タクシー「たまりん」高崎直行便をご利用ください。

【お車でお越しの方】
高崎駅東口より、車で約10分。競馬場通りを東に進み、矢中小学校の向かいです。

お電話でのお問い合わせ

027-350-1211

採用担当者